株式会社サンシステム

受講料は無料
ログインページ

求職者支援訓練

Java・Androidプログラミング技術者養成科

ドロイド君

サンシステムTOPページ求職者支援訓練>講師紹介

講師紹介

<庄司和雄・ワークガイダンス担当>

庄司

経歴
  • 2002年3月 放送大学教養学部・産業と技術専攻卒業
  • 2005年3月 放送大学教養学部・社会と経済専攻卒業
  • 2006年3月 産業能率大学院経営情報学研究科経営情報学修了
講師歴
都内の電算機専門学校、コンピュータ専門学校での非常勤講師歴35年、
アッセンブラー、PL/1、COBOL言語そしてシステム設計論、事務管理論等を担当。
主な研修
ワークガイダンス・職業能力基礎演習、安全衛生、キャリアコンサルタント
一言
講師陣は真面目な(馬鹿が付くほどの連中です)人間です。受講終了者から明日の会社、
明日の地域を担う技術者が育つことを夢みて教壇に立ちます。

線

<磯部 康・ワークガイダンス担当>

磯部先生

経歴
  • 1986年3月 東京農業大学卒業
  • 1986年4月 動物実験補助業務会社入社
  • 1988年10月 サンシステム入社
主な開発業務
伝送装置ファームウェア開発、生保営業支援端末システム開発、損保WEBシステム開発、
株券電子化対応などなど
主な研修
組込みC言語新人研修、Microsoft Officeコース、Java研修、Android研修、文章作成講座、職業支援講座などなど

書籍詳細にリンク

有資格
初級システムアドミニストレータ、基本情報技術者(旧二種)、MOS マスター
書籍執筆
徹底攻略 Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック問題集(インプレス社)
Androidアプリケーション開発標準資格教科書(技術評論社 )
3週間完全マスターAndroidアプリケーション技術者認定試験ベーシック(日経BP社)
一言
システム開発経験、講師経験、人生経験をフルに活かし、受講者の不(不安、不足、不満など)を解消します。次代を担う真のソフトウェア技術者を育成すべく、誠心誠意、暖かい真心で時には厳しく指導します。考えることの楽しさ、作り上げた時の満足感、わからない事がわかったときの喜び、壁を乗り越えるための手段を伝えられればと思っています。

線

<上住淳司・Java,Android担当>

上住先生

経歴
  • 1985年 城西大学経済学部卒業
  • 1986年 ソフトウェア開発会社入社
  • 1993年 サンシステム入社
主な開発業務
PHS基地局のファームウェア開発、伝送装置ファームウェア開発、半導体製造シミュレータシステム開発、
郵政省向けマルチメディア伝送装置ファームウエア開発、FOMA移動機メンテナスツール開発など
主な研修
Microsoft Office、Java研修、Android研修など
有資格
MOS マスター 、サーティファイJavaプログラミング能力認定試験 2級
一言
これまでのシステム開発経験で得たソフトウェア開発のツボを元に、未経験の方にもわかり易い日常生活での例え話を盛り込んだ講義をと考えています。楽しんで学んでいただければ最高と思っています。

線

<松田直志・Java,Android担当>

松田先生

経歴
  • 1996年 サンシステム入社
主な開発業務
損保インターネットシステム開発、ネットバンキングシステム開発、FOMA移動機メンテナスツール開発、伝送装置ファームウェア開発、特許関連システム開発、等
主な研修
Java/Android講師、企業向け新人研修(Java/Android)講師
有資格
初級システムアドミニストレータ、第二種情報処理技術者試験(現基本情報)、サーティファイJavaプログラミング能力認定試験 2級
一言
これまでの開発経験をもとに、プログラミングを経験したことがある方だけではなく、未経験の方にも理解していただける講義を行うように心がけています。

線

<佐藤晃吉・Java,Android担当>

佐藤先生

経歴
  • 2005年3月 日本工学院専門学校 卒業
  • 2005年4月 サンシステム 入社
主な開発業務
旅行業社内システム開発、図書管理システム開発、特許関連システム開発、株券電子化対応などなど
主な研修
Java・Androidコース、Android研修

書籍詳細にリンク

有資格
Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック、サーティファイJavaプログラミング能力認定試験 2級
書籍執筆
3週間完全マスターAndroidアプリケーション技術者認定試験ベーシック(日経BP社)
一言
これまでの自身の学習や開発現場での経験をもとに、共に考え、問題を解決する2人3脚の講義を行えればと思います。
受講者それぞれに適した学びを提供し、受講者の理解を促進したいと思います。

線

ページの上に戻る

Copyright (C) 2012, Sun System